ブログ

あの伝説の実演販売士さんも。身体を気持ちよく動かすためには?

投稿日:

こんにちは!ピラティスインストラクター金原晴香きんぱらはるかです。

 

地元の駅前に、スケート場開設。

DSC_0865

冷えてますね。

この季節、外出たくない!身体動かしたくない!って思うかも。

 

そんな方へ、身体を動かすことが、湯船に浸かるくらい、気持ちがいいことだったら?

 

先日、とあるテレビ番組(とある夜の会に)、その世界では伝説的。

名前についちゃっているよ、伝説って。通販業界の伝説的男。

"レジェンド松下"さんが、出てました。

 

ご存知ですか?

決まり文句、"いくわよ"でお馴染みの実演販売士さん。

 

その伝説の男が仰ってました。

いい商品を買っていただくために、興味を持っていただくために、お伝えしていること。

 

その一つが、

"擬音を使う"こと。

 

包丁の販売で、トマトを切るとき、

スッと、とか、スーッととかの言葉を聞くと、わあ、切れ味良さそうって思いますが、

同じスでも、スススだと、トマトを切っている感じがしないし、あまり切れない?なんて思ってしまいます。

 

ピラティスレッスンでお身体を動かしていただくとき、レジェンド松下さんと同じように、擬音を使います。

なぜなら、、、

 

"気持ちよく身体を動かして頂きたいから"

同じ身体を動かす時間だったら、きつく感じるよりも、気持ちよく動いた方がいいでしょ??

 

スーッと背骨を伸ばしましょう。

ジンワリ、マットを足裏で押しましょう。とか。

 

声のトーンやスピードなどで、お客様のお身体や動きに違いが生まれます。

 

私自身ピラティスをする時、自分の身体をどう楽に、気持ちよく動かすか。

そのためにどうイメージしたら良いのかを探求しながら行ってます。

 

あーこのスピードだと、呼吸がしやすいなーとか、

身体の緊張が解けるなー。

この身体の楽さを手に入れるために、何て言ってもらいたいかなー。

 

考えます。

そしてレッスンでお伝えします。

レッスンでお伝えして、いまいち伝わらなかったなって時は、さらに動きながら探求します。

だって、姿勢も生活リズムもみーんなそれぞれ違うから、伝わらない時もあるよね。

 

伝わらなかったなって思って、じゃあこの動きをやっていただくのは辞めようと諦めてしまうと、お客様の体はそれ以上進化しないし、チャレンジだってすることができない。

 

身体の変化をお手伝いする私たちインストラクターが、その機会を勝手に無くしてしまう権利なんてどこにもない。

 

安全により身体を気持ちよく楽にするために、自分も動き続けないとね、学び続けないとね。

 

通販業界伝説の男も、自分の足で商品を確認し、自宅でひたすら使い、良し悪しを見るそうです。

本当にいい商品だと思うから、欲しい!!って気持ちを彷彿させる販売が出来るんですね^ ^

 

身体を楽にしたい方、日常生活を楽にしたい方、楽しくトレーニングしたい方。

レジェンド松下さんの決まり文句で、

ピラティスレッスンで身体を楽にして、"いくわよ"

 

 

ピラティスインストラクター♪金♪

 

 

 

-ブログ
-, , , , , , ,

Copyright© Pilates room Hahaha/神楽坂、埼玉県川口市内でのピラティスレッスン , 2018 All Rights Reserved.