ブログ

喜怒哀楽の変化ができる身体へ

投稿日:

こんにちは!ピラティスインストラクター金原晴香きんぱらはるかです。

 

この間、実家に帰った時のお話。

 

帰ると、母がものすごい剣幕でいました。

 

聞くと、父の退職祝いの旅行が、父の再就職先の仕事の都合で行けなくなってしまったとか。

 

"せっかくHISのお正月限定キャンペーンで安いツアーが当たったのに!!キー!!!"

てなってました。

 

そりゃあね、2月3日節分と間違えて早めに来ちゃったのか、

もしくはペプシのCMから、飛び出てきてしまったのか、

鬼ちゃんと可愛い呼び名ではおさめなれないくらいの、剣幕で怒っておりました(>_>)

 

いつもは明るくて元気な母なんですよ。

ただね、何かのきっかけで爆発してしまうと止められない。

 

娘の私も。

性格似てますから。

 

そう言う部分少なからずあります。

 

と言うか、誰でもありますよね。

 

普段の生活は変化のないものでも、

周りにいてくれる人たちの言葉とか行動とか、

普段と少し勝手が違う場所でのお仕事だったり、

天気や気温の変化でさえ、体は敏感に反応するものだから。

 

喜怒哀楽があってこその、人間ですからね。

 

怒る時があるのも当たり前のことだと。思います。

 

その日、苛立ちを沈められない母を、そして父も一緒に、ピラティスのレッスンを受けてもらいました。

レッスンでは、背骨をたーくさん動かすエクササイズを行いましたよ。

 

レッスン後、

母はと言うと、

時間が経つにつれ、笑顔が増え、一緒に受けていらっしゃる方と楽しそうに話しながら、身体を動かしていました。

終わった後は、胸が開いて気持ちがスッキリしたと。

 

ピラティスほぼ初めての父は、

いつもの空手の稽古より、どっと身体が疲れるなと。

関節周りが動き出して、身体の力が抜けた証拠だよと話しました。

 

なんにせよ、笑顔に戻ってくれたようでよかった(^o^)

 

私自身、イラっとすることや落ち込むことがあります。

そんな時行うピラティス、選ぶエクササイズは背骨をよく動かす動きを選びます。

背骨をたくさん動かして、自律神経のバランスを整えて、気持ちをスッキリさせます。

 

無意識にそんな動きを多く選んでますが、そう言う意味では身体は正直ですね。

身体が欲しい動きをすると、気持ちも整う。

 

身体と心が密接にあると、ピラティスをするたびに思います。

 

喜怒哀楽

 

怒る、哀れむ

の間を、

喜ぶ、楽しむ

 

が挟んでます。

美味しいサンドイッチを作るには、外側のパンも、バターたっぷりのふかふかパンでいたいですね!

 

身体が楽になると心も楽しくなる。

この感覚をピラティスで経験してみませんか??

 

ついでに、ピラティスした後は、お腹が空きます。

がっつり食べたくなりますよ。

肉も魚も贅沢に。

ちなみに左下のはんぺんは、行きつけ居酒屋もメニューを真似してみたよ。

味の素をふりかけるところをね(^O^)

 

ピラティスインストラクター♪金♪[st_af id=""]

 

-ブログ

Copyright© Pilates room Hahaha/神楽坂、埼玉県川口市内でのピラティスレッスン , 2018 All Rights Reserved.