最新キャンペーン情報はブログをご覧ください。

Shinブログはこちら

神経衰弱ゲームか、ピラティスか。

体のおはなし

こんにちは、ピラティススタジオShin代表金原こと、金ちゃんです。


”神経”

と聞いて、思い浮かぶ言葉はありますか?


座骨神経痛、

運動神経がいい、悪い、

神経を集中させる、

神経をすり減らす、

神経過敏、

神経質、

などなど。。。


自粛期間で外でのストレス発散時間がなくなり、

「神経がすり減って」は、いませんか?


子供のころ、よくやったトランプゲーム、

”神経衰弱”

集中力が必要であり、神経が疲労するから、このような名前になったのではないか、ということ、らしいのです。


なのでもし、おうち時間中「神経がすり減っている」時に、お家でできるゲーム!と言ってトランプするならば、”神経衰弱”はオススメしません。(笑)




あ、実際はオススメします。

トランプゲームでは神経衰弱、しませんので。




神経には、「中枢神経」と、「末梢神経」があります。

「中枢神経」は、脳と脊髄からできており、

「末梢神経」は、脳から出ている脳神経と、脊髄から伸びる脊髄神経からできています。


この二つの神経系が相互にやり取りをして、

呼吸したり、体を動かしたり、消化機能を果たしたり、


もっと言うならば、


鍋に触れてあつっ!と言って耳たぶに触れたり、

湯船に使って思わず「は~~」っとため息が出たり、いい湯だな~♪を歌ったり、

することも、神経系のやり取りがあって行われることです。


あ、ただ、神経系”だけ”の働きによるものではないです、体が動くためにはその他に骨や関節、筋肉も必要ですから。


で、今日はこの神経系をキンパラ流に解釈てみました。イメージはこうです。


習字や絵画をするときに使う”筆”

を、思い描いてみます。


持ち手の柄の部分が、脳と脊髄「中枢神経」

先っぽの何百本の毛がまとまった部分が、「末梢神経」



土台の柄と、紙に触れる毛が、合わさって初めて、

”筆”になり、紙に触れることができる。

紙に達筆な文字を書けたり、頭の中で思い描いたイメージを絵に表すことができます。



神経を筆とイメージすると、”神経衰弱”や”神経痛”になると、

柄が折れたり、細くなって持てなかったり、

毛が抜けて墨を吸収できなくなる状態、です



体の中で起こると、

座骨神経痛や、ヘルニアで痛みを感じたりします。

症状を診断されない腰痛やひざ痛、自律神経の乱れなども、含まれます。



達筆な文字や綺麗な絵を描き続けるためには、

神経を守る

必要があります。

神経を守っているのは、”背骨”です。




ピラティスは、神経を守る背骨を動かすのに、最適な運動です。

ピラティスをした後は、集中力も表現力も高まります。



もし、今、神経疲労を感じているならば、神経系を活発に戻す、

”ピラティス”と”神経衰弱トランプゲーム”を、おススメします。



背骨のストレッチをかけながら、考え中、妄想中なキンパラ、です。



【PilatesJapanベーシックマット養成コース】

こんな方へおススメ!

・自分の体を変えたい。

・せっかく体を変えるなら、資格がほしい。

・何か運動に対する資格がほしい。などなど


少人数制で、一から運動指導を学べる!詳しくはこちらをご覧ください。

ピラティスインストラクター資格コースについて

【プライベート体験レッスン】(姿勢カウンセリング込)70分5500円(税込)
※現在、新規体験のご予約は、承っておりません。
Shin通い方のご案内は、こちら。

Shin料金システムのご案内


shin_pilates Instagramはこちら

Shin Twitterはこちら

【ご予約・お問い合わせ用LINEアカウントはこちら↓】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

JR川口駅より、徒歩約10分

ピラティススタジオShin

スタジオHPはこちら

TEL📞:080-7378-0800

メール✉:haruka@pilates-sukoyaka.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

コメント

タイトルとURLをコピーしました