2019年8月OPEN!【※体験予約受付中※】
【OPEN記念】キャンペーン実施中~11月末まで~

身体にも帯?○○を守ってくれる帯。

こんにちは!ピラティスインストラクター金原きんぱらです。

今日は成人の日、新成人の皆様おめでとうございます!

振り袖姿ではしゃぐ女の子たちを見ていると、自然と笑みが湧いてきます。



もうだいぶ前になりますが、振り袖着て、成人式に出たとき。

着付けしてもらったときはワクワクして、写真もたくさん撮って上機嫌だったのに、

式を終えると、着慣れていない着物と空腹で、フラフラ。

旧友への挨拶もままならず、速攻で家に戻ったことを思い出しました。


なんといっても、着物の帯。苦しくてたまらなかったんです、当時のわたしは。

暴れん坊なわたしのために、着崩れしないよう、上手に着付けしてくれたんでしょうね、美容室のお姉さま。

猫背そして、反り腰姿勢だった、当時のわたし。

着物を着ると、その反対の姿勢、背筋が伸びて腰が安定するので、いつもと違う姿勢になれなかったのだと思いますね。


さて今日は、身体にもこの”着物の帯”がついているっていうオハナシ。


”帯”言うくらいだから、場所はもちろん、お腹周り。

お腹のね、一番奥にある、インナーマッスルの一つ、”腹横筋”という筋肉。

この筋肉が使えると、お腹がうすくなり、腰がサポートされ、動きに安定性が出ます。



着物を着て、背筋がすっと伸びて、お腹が引きあがった気がするのは、このお腹の帯を着物の帯でサポートしているからでしょう。

といっても着物を着たまま、走ったり、ジャンプしたり、いいねダンスしたりはできないので(汗)

動ける身体を作るには、身体の帯を使えるようにしていく必要があるんですね~。


特にですね、たくさん歩いたり、スポーツをしていて、腰が痛くなるという方、必要です。

この身体の帯”腹横筋”が腰を守ってくれる理由。

身体の一番奥、骨盤から腰の背骨を囲むようについているから。

そして、これも嬉しい、ポッコリお腹の解消に必要な部分でもありますよ。



でもねこの身体の帯、着物の帯と違って、

紙1枚分くらいの厚さしかない上に、使わないとさらに薄くなるんです。



わたし、子供の頃、着物をカッコよく着こなし凛とした女性、岩下志麻さんに憧れました。

身体の帯を身に着けて、心は凛と、”覚悟しいや!”なんてセリフが似合う女性になりたいものです。

(決して、S気質トレーナーではございません。)


さて、お腹も心も強くなりたい、女性の皆様。

心と体をコントロールする学びといわれる、ピラティスでなれるかもよ。



お読み頂きありがとうございます。

ピラティスインストラクター♪金♪

板橋区赤塚駅徒歩約1分、ピラティス専用マシンでのプライベートレッスン、
埼玉県川口市内での整体コンディショニング、
身体をより楽にし、楽しく毎日を過ごすための身体づくりを提案します。

” Pilates room Hahaha”

HPはこちら

【お問い合わせはこちら】


✉️: haruka@pilates-sukoyaka.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました