2019年8月OPEN!【※体験予約受付中※】
【OPEN記念】キャンペーン実施中~11月末まで~

ふわふわハンバーグのような。。。

こんにちは、ピラティスインストラクター金原晴香きんぱらはるかです。


この間ね、久しぶりに作ってみたんです。

”ハンバーグ”


お肉をあまり、焦がしたくなかったので、フライパン専用アルミシートを敷いて

軽く焼き色をつけてから、オーブンでジックリ、中まで火を通す焼き方で。

そしたらね、

お肉は硬すぎず、水分も残っていて、柔らか~にできました!



オーブン使うとこんな、肉汁たっぷりハンバーグができるんですね♪

いやね。

ハンバーグって結構難しくて、以前何度も失敗したことがあったんです。


フライパンの火加減を間違えると、

外側は石のように硬く、中は生のまんまになっちゃいますし、

以前は、ヘルシーにしたくて、ネタにお豆腐をいれたら、

べちゃべちゃして、焼いている途中で崩れ、

仕方なく、ガパオライスに変更したこともありました。


それで、しばらく作るのをやめていたんですが、今回、

オーブンを使ったら、楽に美味しく手軽に作れました!

しかも、好みの肉汁ジュンジュワ~の、ハンバーグが( *´艸`)



で、そのお好みのハンバーグをほくほくと食べながら、思ったワケです。


このハンバーグのような身体に、なりたいな。と。

唐突に、どうした。決して、ハンバーグ師匠の新しいネタではありません。

ハンバーーッグ!!と最後に叫んで〆るわけではありません。


理由はこうです。


ハンバーグって、水分が多すぎても、少なすぎても、一つのものとして、まとまらない。

これを、筋肉に例えると。    例えるな”(-“”-)”

筋肉は、その組織全体の70%ほどが水分でできています

(おおよそね、人によって異なる)


その水分が多すぎたり、少なすぎたりすると、

ハンバーグのようにカタチは崩れずとも、

筋力を発揮できなかったり、柔軟性が低下してしまいます。


聞いたことありませんか?

一流スポーツ選手は、筋肉が柔らかい、というお話を。

筋肉が柔らかい人に共通しているのは、皆水分をしっかりとっているそうです。


わたし、今の自分の身体の課題が、

”柔らかい筋肉を手に入れること”なんです。

ピラティスをしていて、運動をしていて、

無意識にしてしまっている癖を、取り除くことが課題。


その癖とは、”身体を固めること、緊張させること。”


緊張しっぱなしで動いていると、筋肉は硬い素材になってしまいます。

ハンバーグを、ずっと強火で焼こうとしているのが、今のわたしの身体の使い方、なんですよ。


なんで、このように身体を使うか、その理由はわかっています。無意識にこう思っているんだな、頭のどこかで。

”身体を固めたほうが、燃焼できる。”と。

単純に、筋肉を鍛えている感じがする、という考えもある。


でもね、そう思っていたわたしが、なぜ柔らかい筋肉を目指そうと思ったのか。


①身体を動かして、硬い筋肉は、動きの邪魔をする、ということに気が付いたから。

②柔らかい筋肉は、疲れにくい・怪我をしにくい・太りにくいというメリットしかないことを知ったから。


この二つです。

このために必要なこと、まずはお水をとること。

今週の週間目標は、ずばり!”お水をとること”です。


身体が変わってきたら、またブログで書きますね。


いつもお読みいただきありがとうございます。


ピラティスインストラクター金原晴香

【お知らせ】
①マシンピラティスプライベートレッスン【女性限定】

※体験 5000円※※通常 6000円※


JR恵比寿駅西口から徒歩約3分、ピラティススタジオをお借りして、セッションさせていただきます。
詳しくはこちら     

マシンピラティスレッスン in 恵比寿

②少人数制グループレッスン
2019年6月10日(月)

9:15~10:00 腰痛・膝痛予防解消 リハビリ運動

10:30~11:15 子育てママ対象 お子様連れピラティス

※各回 1000円※

埼玉県川口市内にある、厚川薬局様をお借りして、月に一回6人までの少人数制グループレッスンを開催しています。
詳しくはこちら         

ピラティスグループレッスンin東川口

コメント

タイトルとURLをコピーしました