ウイルス対策を徹底しながら、マンツーマンセッションのみのご案内をさせていただいております。

Shinでのウイルス対策について

背骨生き生き生活のススメ。

体のおはなし

こんにちは、ピラティススタジオShin代表金ちゃんです。


先日、骨の記事を書きましたが、本日は、骨のなかでも、


体の中心を貫いている、”背骨”


のことをお話します。


背骨は、鼻と耳を結んだあたりから始まり、お尻の方まで伸びている骨です。


背骨の部位には、首の背骨である頚椎部分、胸の背骨である胸椎部分、腰の背骨である腰椎部分、そして、仙椎、尾椎と繋がり、


その数は、約26個です。


”約”というのは、人により多少前後することがあるから、なんですね。



この”堆”(つい)という部分に注目してみます。

一つの背骨のことを、”椎骨”(ついこつ)と言います。


腰の部分の椎骨を、積み上げたものがこちらです。


⇩ ⇩ ⇩


何かに似ていませんか?


子供の頃、遊んだあのおもちゃに似ていませんか?


だるまおとし

木のトンカチで叩きながら、崩れないよう、スポーン!とだるまの胴体を落としていく、あのおもちゃです。


椎骨一個一個が積みあがって、体を支えるためには

トンカチのような衝撃がかかっても、スポーン!と外れないよう、

接着剤のようなものが、椎骨同士の間についています。


それが、”椎間板”という、ものです。


聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?



”椎間板ヘルニア”の、アレです。

椎間板ですが、接着剤というと多少語弊が生まれますね。

椎骨と椎骨を繋げていますが、接着剤のように固まっていることはなく、

水分多めのゲル状になっています。


この、ゲル椎間板がいるから、曲げやねじり等の動きが入った時に、

だるまの胴体部分つまり椎骨が外れることなく、

クッションの役割をして、衝撃を和らげてくれています。

このゲル椎間板が、ヘルニアになると薄くつぶれていってしまうのです。



それを防ぐためには、背骨の状態をよくしておくことが必要です。

背骨同士の間も関節がありますからね、その関節も動かすトレーニングが必要です。


こんなふうに。


⇩ ⇩ ⇩




日ごろから背骨の柔軟性を高めておくと、

背骨の歪みから起こる、”ヘルニア”症状を防ぐことができます。



そして今すぐにできることとして、おススメしたいのが、

”水分をとること”


ゲル椎間板は、水分がたくさん含まれてますので、

水分不足はお肌の敵!だけでなく、背骨の敵!です。


喉が渇いたなあ、と感じるよりも前に、一口喉を潤すくらいの水を取るようにすることがおススメです。


生き生きした背骨で、生き生きした毎日を送ることをご提案致します(#^^#)

お読みいただきありがとうございました。


ピラティススタジオShin

金原 晴香

コメント

タイトルとURLをコピーしました